見積書 項目

見積書とは、商品の価格やサービスの代金を算出し、記載した書類です。
見積書の提出は、起業した人が売上をあげるために必ず通るステップです。
会社員の場合は会社から指定されたフォーマットに入力したものを使えば良いのですが、いざ自分で作るとなると何を記載して良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。
そこで、見積書に必要な項目をご紹介します。

(1)提出日付
見積書を提出する日付を記載します。

(2)提出先名
提出先が法人の場合は「御中」、人物の場合は「様」や「殿」などの敬称を付けます。

(3)提出元名
提出先の担当者が見積に関して問い合わせしやすいように電話番号・FAX番号・担当者名を併せて記載します。

(4)件名
何に関する見積かひと目でわかるように、見積内容を端的に示す件名を記載します。

(5)納品期日
商品を納める具体的な期日を記載します。
「○週間後」のように納品までにかかる日数で記載するケースもあります。

(6)納品場所
商品を納める場所を記載します。
納品場所が決まっていない場合は「御社指定による」と記載すると良いでしょう。

(7)支払条件
商品の代金を支払う際の条件を記載します。
支払条件が決まっていない場合は「御社指定による」と記載すると良いでしょう。

(8)有効期限
当見積書の効力がいつまでかを記載します。

(9)合計金額
合計金額がひと目で確認できるように、大きく太い書式で記載します。
「税込み」の金額を記載するのが一般的です。

(10)品名・仕様
商品名を記載します。

(11)数量
商品の数量を記載します。

(12)単位
商品の見積単位を記載します。
「1ケースあたり」なのか、「1個あたり」なのか、といった認識の違いは誤解を生む可能性があります。
担当者に口頭で補足すると良いでしょう。

(13)単価
商品の単価を記載します。
税込価格なのか税抜価格なのかが分かるようにしましょう。

(14)金額
商品の単価に数量を掛けた金額を記載します。

(15)小計
商品の単価が税抜価格の場合に、合計金額の内訳として記載します。

(16)消費税等
商品の単価が税抜価格の場合に、合計金額の内訳として記載します。

(17)合計
見積明細の合計金額を記載します。
合計金額と同じ金額が記載されているか確認しましょう。

(18)備考
見積に関する補足情報があれば記載します。

第1位
クラウド型業務システムboard
同額の毎月請求も自動作成作成!
ワンクリックで月末にまとめて請求機能もあるから、毎月同額の請求もパパっと処理完了!IT・コンサル・制作や開発など受託系ビジネス運営会社様に最適!
ベータ版につき、無料で利用できる!

ヴェルク株式会社が提供する請求書・見積書・発注書作成&クラウド型業務・経営管理システムです。
このサービスで請求書・見積書・発注書を発行はもちろん、捺印申請、見込管理、売上・キャッシュフロー予測まで出来てしまう優れものです。
代表の田向社長が、自分の業務の効率化の為に受託ビジネスに最適化して設計・開発し、また、多くのIT系ベンチャー社長の声を反映し、実体験に基づいてサービス開発している為、評価も高いようです。
現在はベータ版になっているので、無料で使えます。ぜひ試してみてください。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第2位
MakeLeaps
15,000社で導入!登録実績は国内NO.1
各社から「楽になった!」と喜びの声
今なら10枚分無料で請求書発送!

オンラインで請求書・発注書・見積書など重要書類を一元管理できます。PC端末はもちろんiPadなどのタブレット端末や各種スマートフォンにも対応している為、移動中や出張中など出先でも請求書の発行が可能です。
また、郵送代行の機能(1通税込199円)がありますので、印刷・封入・発送と時間と場所の縛りもなく、請求書の送付ができます。
発行した請求書をベースに売上も自動で管理できるので、スマートに経営判断をし事業拡大につなげていけます。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第3位
Zoho インボイス
請求書作成・発送の流れにそって、簡単操作!
ステータスもひと目でわかり、状況把握も簡単。スマートフォンにも対応。
請求書作成にかかる時間が5分の1になったユーザーも!

ZohoCRMという顧客管理・営業管理のシステムとセットで使うと一番力を発揮するサービスです。営業→受注→請求→入金管理と一連の流れで管理できる為、本業に集中しながら抜け漏れなく収益管理ができます。
ユーザーの評判では、「繰り返し請求機能」が一番評価が高く、仕事が非常に楽になった!と評判のようです。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る