請求書作成、見積書・発注書発行の効率化 > お役立ち情報 > 業務管理システム・ソフトを選ぶポイント

業務管理システム・ソフトを選ぶポイント

業務管理システムを選ぶポイントは

業務管理システムを選ぶ際、一つの業種に特化して使うのなら、特化型システムの方が使いやすくなります。
最近は、警備業、販売業、ホテル・旅館業、工場など、様々な業種に対応した業務管理システムがあります。

様々な商品を扱ったりサービス提供を行ったりしているのなら、汎用型の業務管理システムの方が、商品・サービスをまとめて管理することができます。

また、業務改善のためには、ニーズに対応したサービスのコーディネート・統合がポイントとなります。
このためには、必要なサービスを選択・統合し、各社独自の既存サービスとの連携・統合を考慮したシステムかどうかが大事です。

他にも、業務管理システムを導入する際は、社員が使いこなせるかどうか、費用はどれくらいか、なども考慮しなければいけません。

伝票の発行や元帳転記・管理資料作成に時間がかかりすぎている、重複した入力が多い、クライアント情報が増えて管理しにくくなってきた、計算・記入の誤りが多い、過去のデータを出すのに時間がかかる、在庫、原価管理に時間がかかりすぎる、受発注の紙が増えすぎて保管に大変、など、現在の社内の問題点をよく把握し、どこから改善したいかをよく考え、課題解決にふさわしいシステムを選ぶことです。

ERP(基幹業務管理システム)は、業務範囲をトータルに網羅し、一元管理できます。
見積登録されたデータに基づき、今後の受注金額を把握したり、販売動向を見たりしながら仕入をすることも可能です。

クラウド型業務管理システムのメリットは

最近は、クラウド型業務管理システム・データ管理システムを導入するところも増えています

クラウド型業務管理システムは、自社サーバ設置が不要で、インターネット環境とそれを利用するためのデバイスだけで納入できます。
導入もしやすく、基本的にユーザー単位での月額料金制なので、毎月の費用も把握しやすく、予算が組みやすいというメリットがあります。

第1位
クラウド型業務システムboard
同額の毎月請求も自動作成作成!
ワンクリックで月末にまとめて請求機能もあるから、毎月同額の請求もパパっと処理完了!IT・コンサル・制作や開発など受託系ビジネス運営会社様に最適!
ベータ版につき、無料で利用できる!

ヴェルク株式会社が提供する請求書・見積書・発注書作成&クラウド型業務・経営管理システムです。
このサービスで請求書・見積書・発注書を発行はもちろん、捺印申請、見込管理、売上・キャッシュフロー予測まで出来てしまう優れものです。
代表の田向社長が、自分の業務の効率化の為に受託ビジネスに最適化して設計・開発し、また、多くのIT系ベンチャー社長の声を反映し、実体験に基づいてサービス開発している為、評価も高いようです。
現在はベータ版になっているので、無料で使えます。ぜひ試してみてください。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第2位
MakeLeaps
15,000社で導入!登録実績は国内NO.1
各社から「楽になった!」と喜びの声
今なら10枚分無料で請求書発送!

オンラインで請求書・発注書・見積書など重要書類を一元管理できます。PC端末はもちろんiPadなどのタブレット端末や各種スマートフォンにも対応している為、移動中や出張中など出先でも請求書の発行が可能です。
また、郵送代行の機能(1通税込199円)がありますので、印刷・封入・発送と時間と場所の縛りもなく、請求書の送付ができます。
発行した請求書をベースに売上も自動で管理できるので、スマートに経営判断をし事業拡大につなげていけます。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第3位
Zoho インボイス
請求書作成・発送の流れにそって、簡単操作!
ステータスもひと目でわかり、状況把握も簡単。スマートフォンにも対応。
請求書作成にかかる時間が5分の1になったユーザーも!

ZohoCRMという顧客管理・営業管理のシステムとセットで使うと一番力を発揮するサービスです。営業→受注→請求→入金管理と一連の流れで管理できる為、本業に集中しながら抜け漏れなく収益管理ができます。
ユーザーの評判では、「繰り返し請求機能」が一番評価が高く、仕事が非常に楽になった!と評判のようです。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る