営業管理システムとは

営業管理システムの役割は

営業管理システムは、クライアント情報の管理や、案件の進捗を管理するなどの機能で、営業活動に必要な情報を共有し、売上の拡大に貢献するシステムです。

営業管理は、これまでは書面による日報などをまとめ、集計する形でした。
最近はIT化が進み、毎日の営業関係の情報はメールで上司に報告し、定期的な会議でExcelなどによる案件の進捗の報告などにより、営業関連の情報を可視化する方法を採用する企業が増えています。

大企業だとグループウェアの導入で、スケジューラの機能などにより情報を共有し、販売管理システムなどでクライアント情報の共有・案件管理を行う企業も増え、こうした動きは中小企業でも広まりつつあります。

当初は、営業管理システムは営業日報などによる商談の進捗管理機能や、顧客データベースによる営業部門の情報共有機能が重視されました。

最近は、営業管理システムに蓄積されたデータベースを分析でき、マーケティングデータとしても活用できる機能を伴うものが増えています。

顧客管理システムとの違いは

営業管理システムはCRM(顧客管理システム)と混同されがちですが、中心となる機能で違いがあります。

CRM(顧客管理システム)は、顧客データの二層(顧客情報、案件情報)管理のほか、既存の顧客・見込み客に対するメールなどの配信、アンケートフォームなどによる満足度のリサーチ、セミナー・イベントの管理、顧客対応を中心としたCTI機能(電話・FAXとコンピュータをつなげ、コールセンターやカスタマーサポートで通話した内容など、顧客の情報をコンピュータに残す機能)などが中心となります。

営業管理システムは、顧客データの三層管理(二層管理プラス商談情報)、売上げなどを可視化させレポートとして残す機能、全体でタスクの共有が可能なToDo機能、見積書・請求書などの帳票類作成、日報の作成と管理、といった機能が中心となります。

第1位
クラウド型業務システムboard
同額の毎月請求も自動作成作成!
ワンクリックで月末にまとめて請求機能もあるから、毎月同額の請求もパパっと処理完了!IT・コンサル・制作や開発など受託系ビジネス運営会社様に最適!
ベータ版につき、無料で利用できる!

ヴェルク株式会社が提供する請求書・見積書・発注書作成&クラウド型業務・経営管理システムです。
このサービスで請求書・見積書・発注書を発行はもちろん、捺印申請、見込管理、売上・キャッシュフロー予測まで出来てしまう優れものです。
代表の田向社長が、自分の業務の効率化の為に受託ビジネスに最適化して設計・開発し、また、多くのIT系ベンチャー社長の声を反映し、実体験に基づいてサービス開発している為、評価も高いようです。
現在はベータ版になっているので、無料で使えます。ぜひ試してみてください。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第2位
MakeLeaps
15,000社で導入!登録実績は国内NO.1
各社から「楽になった!」と喜びの声
今なら10枚分無料で請求書発送!

オンラインで請求書・発注書・見積書など重要書類を一元管理できます。PC端末はもちろんiPadなどのタブレット端末や各種スマートフォンにも対応している為、移動中や出張中など出先でも請求書の発行が可能です。
また、郵送代行の機能(1通税込199円)がありますので、印刷・封入・発送と時間と場所の縛りもなく、請求書の送付ができます。
発行した請求書をベースに売上も自動で管理できるので、スマートに経営判断をし事業拡大につなげていけます。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第3位
Zoho インボイス
請求書作成・発送の流れにそって、簡単操作!
ステータスもひと目でわかり、状況把握も簡単。スマートフォンにも対応。
請求書作成にかかる時間が5分の1になったユーザーも!

ZohoCRMという顧客管理・営業管理のシステムとセットで使うと一番力を発揮するサービスです。営業→受注→請求→入金管理と一連の流れで管理できる為、本業に集中しながら抜け漏れなく収益管理ができます。
ユーザーの評判では、「繰り返し請求機能」が一番評価が高く、仕事が非常に楽になった!と評判のようです。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る