請求書作成、見積書・発注書発行の効率化 > お役立ち情報 > 原価管理とは。原価管理の基本について

原価管理とは。原価管理の基本について

原価管理の意味は

原価は、製品1個当たりにかかった費用、コストのことで、スーパー、コンビニなどの場合、仕入れた商品の価格そのものが原価となりますが、製造業の場合、生産数量に加え、材料費、労務費、間接費なども含めて原価と呼ぶ場合もあります。

原価の望ましい価格(標準原価)を設定して、実際にかかった原価(実際原価)と比較し、その差異を分析するのが原価管理となります。
売上から原価を差し引いたのが利益で、この利益を上げるのが企業にとって大事であることから、原価管理はとても重要ということになります。

原価計算の概念

原価計算の概念は、商品製作のためにかかった金額を計算することであり、商品をサービスに置き換えることで、サービス業などにも応用が出来ます。

企業が利益を得るには、製作にかかったコストよりも商品を高い値段で売らなければいけません。
原価を適切に計算することで、適切な利益を生むことができるようになります。

そのためには目標となる数値を設定することで、目標に到達できなかった場合、その原因かを分析することで改善を行うことが可能となります。
また、1個あたりの目標だけでなく、年間の予算も重要となります。
取引先にしっかり年間の計画を伝えることで、事前に準備してもらうことも可能です。

原価管理の流れは

原価管理の流れとして、理想となる原価(標準原価)の設定、そして理想の原価と実際にかかっている原価を比較し、差が大きいのなら原因を分析します。
そのうえで、分析した結果から対策を立て、現場に活用させます。

実際に原価計算を行い、理想の原価よりも高くなっていた場合、材料の単価はどれくらいか、材料の数量、人件費、商品の提供までに要する時間や工数などを把握し、理想の原価と実際の原価に差異が生じる原因がどこにあるのか分析します。

分析した結果をまとめ、現場を改善するところまでが原価管理ですが、なかなか大変な作業であり、専用のシステムも必要となります。

第1位
クラウド型業務システムboard
同額の毎月請求も自動作成作成!
ワンクリックで月末にまとめて請求機能もあるから、毎月同額の請求もパパっと処理完了!IT・コンサル・制作や開発など受託系ビジネス運営会社様に最適!
ベータ版につき、無料で利用できる!

ヴェルク株式会社が提供する請求書・見積書・発注書作成&クラウド型業務・経営管理システムです。
このサービスで請求書・見積書・発注書を発行はもちろん、捺印申請、見込管理、売上・キャッシュフロー予測まで出来てしまう優れものです。
代表の田向社長が、自分の業務の効率化の為に受託ビジネスに最適化して設計・開発し、また、多くのIT系ベンチャー社長の声を反映し、実体験に基づいてサービス開発している為、評価も高いようです。
現在はベータ版になっているので、無料で使えます。ぜひ試してみてください。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第2位
MakeLeaps
15,000社で導入!登録実績は国内NO.1
各社から「楽になった!」と喜びの声
今なら10枚分無料で請求書発送!

オンラインで請求書・発注書・見積書など重要書類を一元管理できます。PC端末はもちろんiPadなどのタブレット端末や各種スマートフォンにも対応している為、移動中や出張中など出先でも請求書の発行が可能です。
また、郵送代行の機能(1通税込199円)がありますので、印刷・封入・発送と時間と場所の縛りもなく、請求書の送付ができます。
発行した請求書をベースに売上も自動で管理できるので、スマートに経営判断をし事業拡大につなげていけます。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第3位
Zoho インボイス
請求書作成・発送の流れにそって、簡単操作!
ステータスもひと目でわかり、状況把握も簡単。スマートフォンにも対応。
請求書作成にかかる時間が5分の1になったユーザーも!

ZohoCRMという顧客管理・営業管理のシステムとセットで使うと一番力を発揮するサービスです。営業→受注→請求→入金管理と一連の流れで管理できる為、本業に集中しながら抜け漏れなく収益管理ができます。
ユーザーの評判では、「繰り返し請求機能」が一番評価が高く、仕事が非常に楽になった!と評判のようです。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る