請求書作成、見積書・発注書発行の効率化 > お役立ち情報 > 入金催促のメールを送る時は相手の状況を見極めておいてください

入金催促のメールを送る時は相手の状況を見極めておいてください

ホームページを使って商売をしている人にとって、時に気を遣うのが相手からの入金ではないでしょうか。
商品を購入する側の事情もいろいろありますので、まずは様子を見ておく必要があります。
そして規程の期限内に入金確認が取れない場合、入金催促のメールを相手に送ることになります。

入金の催促ついて

ホームページから商品を購入した場合、購入した側は期限内に代金を支払う必要があります。
クレジットカードでの購入であれば問題ありませんが、口座振替、コンビニ払いなど後払いの場合よくトラブルも起こります。
もちろん購入者の都合もありますが、規定の期日内に振込を行わないといけません。

ホームページでは毎日多くの顧客が商品を購入していますので、その管理も大変です。
中には前述のように料金が支払われない事態も出てきます。
この場合購入者に入金催促のメールなどを送って、支払いを促すところが多いのではないでしょうか。

商品を購入した後、支払い期日を過ぎても入金しない相手方の理由も様々です。
単に忘れていた場合、また故意に支払わない人もいます。

ホームページの管理側では相手の状態は分かりませんので、とりあえず督促の案内を送って様子を見ます。
この催促の案内を送る時は、よく注意して行うことが大切です。

相手の状況を良く見極めてください

商品の購入者に料金督促のメールを送る時は、その内容に注意してください。
「支払い期日が経過しています」、「早く支払ってください」などのような直接的な言葉を使うと相手の心証も悪くなります。
そのため督促を行う時は、丁寧な内容の文面でスマートな形で相手に伝えるようにしてください。

「お世話になります・・・」などのように、支払いとは関係ない文面からスタートするのが良いでしょう。
また督促の案内を送る時、相手に対して低姿勢を見せないことも大切です。

特に相手が催促メールに何度も応じなかったり、約束を破ったりする場合は、強い姿勢で対処する必要があります。
入金催促のメールを送る時は、相手の状況を良く見極めて判断することが大切です。

第1位
クラウド型業務システムboard
同額の毎月請求も自動作成作成!
ワンクリックで月末にまとめて請求機能もあるから、毎月同額の請求もパパっと処理完了!IT・コンサル・制作や開発など受託系ビジネス運営会社様に最適!
ベータ版につき、無料で利用できる!

ヴェルク株式会社が提供する請求書・見積書・発注書作成&クラウド型業務・経営管理システムです。
このサービスで請求書・見積書・発注書を発行はもちろん、捺印申請、見込管理、売上・キャッシュフロー予測まで出来てしまう優れものです。
代表の田向社長が、自分の業務の効率化の為に受託ビジネスに最適化して設計・開発し、また、多くのIT系ベンチャー社長の声を反映し、実体験に基づいてサービス開発している為、評価も高いようです。
現在はベータ版になっているので、無料で使えます。ぜひ試してみてください。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第2位
MakeLeaps
15,000社で導入!登録実績は国内NO.1
各社から「楽になった!」と喜びの声
今なら10枚分無料で請求書発送!

オンラインで請求書・発注書・見積書など重要書類を一元管理できます。PC端末はもちろんiPadなどのタブレット端末や各種スマートフォンにも対応している為、移動中や出張中など出先でも請求書の発行が可能です。
また、郵送代行の機能(1通税込199円)がありますので、印刷・封入・発送と時間と場所の縛りもなく、請求書の送付ができます。
発行した請求書をベースに売上も自動で管理できるので、スマートに経営判断をし事業拡大につなげていけます。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第3位
Zoho インボイス
請求書作成・発送の流れにそって、簡単操作!
ステータスもひと目でわかり、状況把握も簡単。スマートフォンにも対応。
請求書作成にかかる時間が5分の1になったユーザーも!

ZohoCRMという顧客管理・営業管理のシステムとセットで使うと一番力を発揮するサービスです。営業→受注→請求→入金管理と一連の流れで管理できる為、本業に集中しながら抜け漏れなく収益管理ができます。
ユーザーの評判では、「繰り返し請求機能」が一番評価が高く、仕事が非常に楽になった!と評判のようです。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る