請求書作成、見積書・発注書発行の効率化 > お役立ち情報 > 交際費っていくらまで経費にできるのか?どこまでを交際費と言うのか?

交際費っていくらまで経費にできるのか?どこまでを交際費と言うのか?

交際費の範囲

交際費っていくらまで使用することができるんだろう…どこまでを交際費として扱ってこらうことができるんだろう…
交際費を経費として提出するときに疑問に思ってしまうこともいろいろとありますよね。これって交際費として扱ってもらえるんだろうかと提出することを迷ってしまうものもあると思います。
交際費はいくらまで経費として使用することができるのか、それは、税務署の調査が入ったときに認められる金額はいくらなのか、ということですよね。
事実上の経費なのであれば、1万円でも10万円でも100万円でも経費は経費ですから、交際費はいくらまで経費として提出することができるのか…いくらまででも構わないのです。経費というのは「○円までですよ」などと金額が定められているわけではありませんから、いくら使っても構わないですし、その交際費が事実上の経費であるならば経費として認めてもらうことができるのです。
ただし、法人の交際費の場合には、税金計算上で損金から外されてしまう部分もあります。中小法人は年額800万円が上限で、資本金1億円の会社の場合には一部損金算入が認められています。きっと政府には、交際費を使用することで景気に貢献してもらいたいという意図があるのでしょう。必要な経費なのであれば、いくら使用しても構わないのですから、どんどん使ってしっかりと交際費として提出するようにしましょう。
ただ、事実上の交際費であるということが重要なポイントです。個人での食事やショッピングなどは経費に入りません。事業とプライベートの境目が曖昧なものは含まないでおいた方が良いでしょう。
交際費としてしっかりと認めてもらうために必要なのが「領収書」です。接待をした相手の会社名・担当者名・人数などを把握しておきましょう。領収書があることで証明になりますよね。
もしも、本当にその相手を接待したのか?などと聞かれるようなことがあったとしても、それを証明する必要などはありません。
悪質なものであれば証明しなければならなくなってしまう可能性もありますが、そのようなことはとても稀な事例でしょう。

法人と個人での違い

法人と個人では交際費の限度額に違いがあります。
中小法人は年額800万円が上限で、資本金1億円の会社の場合には一部損金算入が認められているとお話したのですが、個人事業主の場合は限度額がなく、全ての交際費を経費として計上することができます。しかし、交際費として認められない場合もありますので注意しましょう。お得意先の方との食事代・送迎のための交通費・得意先とのゴルフ接待など、事業の利益になるであろう交際のために使用した費用であれば交際費として認められるでしょう。

交際費として認めてもらえるものにはこのようなもの

・交通費 ・宿泊代 ・駐車場代 ・ガソリン代
・切手代 ・電話代 ・FAX代
・来客をもてなすための菓子類や飲み物
・打ち合わせの際の飲食代 
・カフェでコーヒーを飲みながら作業をした際のコーヒー代

第1位
クラウド型業務システムboard
同額の毎月請求も自動作成作成!
ワンクリックで月末にまとめて請求機能もあるから、毎月同額の請求もパパっと処理完了!IT・コンサル・制作や開発など受託系ビジネス運営会社様に最適!
ベータ版につき、無料で利用できる!

ヴェルク株式会社が提供する請求書・見積書・発注書作成&クラウド型業務・経営管理システムです。
このサービスで請求書・見積書・発注書を発行はもちろん、捺印申請、見込管理、売上・キャッシュフロー予測まで出来てしまう優れものです。
代表の田向社長が、自分の業務の効率化の為に受託ビジネスに最適化して設計・開発し、また、多くのIT系ベンチャー社長の声を反映し、実体験に基づいてサービス開発している為、評価も高いようです。
現在はベータ版になっているので、無料で使えます。ぜひ試してみてください。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第2位
MakeLeaps
15,000社で導入!登録実績は国内NO.1
各社から「楽になった!」と喜びの声
今なら10枚分無料で請求書発送!

オンラインで請求書・発注書・見積書など重要書類を一元管理できます。PC端末はもちろんiPadなどのタブレット端末や各種スマートフォンにも対応している為、移動中や出張中など出先でも請求書の発行が可能です。
また、郵送代行の機能(1通税込199円)がありますので、印刷・封入・発送と時間と場所の縛りもなく、請求書の送付ができます。
発行した請求書をベースに売上も自動で管理できるので、スマートに経営判断をし事業拡大につなげていけます。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第3位
Zoho インボイス
請求書作成・発送の流れにそって、簡単操作!
ステータスもひと目でわかり、状況把握も簡単。スマートフォンにも対応。
請求書作成にかかる時間が5分の1になったユーザーも!

ZohoCRMという顧客管理・営業管理のシステムとセットで使うと一番力を発揮するサービスです。営業→受注→請求→入金管理と一連の流れで管理できる為、本業に集中しながら抜け漏れなく収益管理ができます。
ユーザーの評判では、「繰り返し請求機能」が一番評価が高く、仕事が非常に楽になった!と評判のようです。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る