請求書作成、見積書・発注書発行の効率化 > お役立ち情報 > 「KYOEI COMPASS」は大型プロジェクト向け!9999行の明細まで入力できる

「KYOEI COMPASS」は大型プロジェクト向け!9999行の明細まで入力できる

s-見積書作成システム KYOEI COMPASS   製品情報   協栄産業「FKS」

「KYOEI COMPASS」は、エクセルなどと同様の操作性で使うことができます。
データコピーは、普通のコピーから種目・科目単位のコピーまでできるので便利です。
データをエクセルに貼り付けたり、エクセルからデータをコピーして貼り付けもできるので、外部のデータと互換性がいいのが特徴です。
また、よく使うショートカットキーを一番目立つ場所に置いたり、使用しないショートカットキーを消すなど、ショートカットキーの配置変更が簡単にできるので、ユーザーにとって使いやすいソフトです。

ネットワークを使って複数人で運用可能

KYOEI COMPASSはネットワーク対応型で、同じ物件を同時に複数人で扱うことができます。
データをチーム内で共有することで、情報を一元管理することが可能となります。
ネットワーク対応型といっても、KYOEI COMPASSなら、専用サーバやデータベースは必要ありません。
導入後すぐにシステムの運用が可能なので、専門的なネットワーク管理者を置く必要もなく、通常のネットワーク下で使用することができます。

また、ネットワークを使わずにスタンドアローンでも使用可能です。
データは排他制御により安全性を確保しますので、共同作業時の更なる効率化が可能となります。

柔軟で自由度の高い印刷設定

KYOEI COMPASSは、豊富な印刷書式を持っています。
印字設定もバリエーションに富んでいるので、好きなようにカスタマイズして印刷することができます。
見る人にやさしい手書きに近い見積書なので、作業がスムーズに進みます。
同じ形式の見積書でも、取引先ごとに行数や書き方などを設定することができるので、自由な書式の書類作りができます。

また、社内用として単価や数量、金額などを2つか3つ並べた比較リストも作成可能なので、社内の検討用資料として有効に活用することができます。
印刷したい階層を指定すると、関連のある上位階層のページまで自動的に印字選択されます。
さらに、内訳書が修正された場合などにページの差し替えが容易に行えるので、事務処理の手間が大幅に軽減されます。

第1位
クラウド型業務システムboard
同額の毎月請求も自動作成作成!
ワンクリックで月末にまとめて請求機能もあるから、毎月同額の請求もパパっと処理完了!IT・コンサル・制作や開発など受託系ビジネス運営会社様に最適!
ベータ版につき、無料で利用できる!

ヴェルク株式会社が提供する請求書・見積書・発注書作成&クラウド型業務・経営管理システムです。
このサービスで請求書・見積書・発注書を発行はもちろん、捺印申請、見込管理、売上・キャッシュフロー予測まで出来てしまう優れものです。
代表の田向社長が、自分の業務の効率化の為に受託ビジネスに最適化して設計・開発し、また、多くのIT系ベンチャー社長の声を反映し、実体験に基づいてサービス開発している為、評価も高いようです。
現在はベータ版になっているので、無料で使えます。ぜひ試してみてください。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第2位
MakeLeaps
15,000社で導入!登録実績は国内NO.1
各社から「楽になった!」と喜びの声
今なら10枚分無料で請求書発送!

オンラインで請求書・発注書・見積書など重要書類を一元管理できます。PC端末はもちろんiPadなどのタブレット端末や各種スマートフォンにも対応している為、移動中や出張中など出先でも請求書の発行が可能です。
また、郵送代行の機能(1通税込199円)がありますので、印刷・封入・発送と時間と場所の縛りもなく、請求書の送付ができます。
発行した請求書をベースに売上も自動で管理できるので、スマートに経営判断をし事業拡大につなげていけます。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る
第3位
Zoho インボイス
請求書作成・発送の流れにそって、簡単操作!
ステータスもひと目でわかり、状況把握も簡単。スマートフォンにも対応。
請求書作成にかかる時間が5分の1になったユーザーも!

ZohoCRMという顧客管理・営業管理のシステムとセットで使うと一番力を発揮するサービスです。営業→受注→請求→入金管理と一連の流れで管理できる為、本業に集中しながら抜け漏れなく収益管理ができます。
ユーザーの評判では、「繰り返し請求機能」が一番評価が高く、仕事が非常に楽になった!と評判のようです。

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトを見る